長く使えそうか?

良いロゴとは?ロゴ作成依頼者が知らないと損する3つの条件・①

<<前号に戻る

ビジネスマン:「クラウドソーシングで会社のロゴ作成を頼んだら、すごい量の提案が来たんですよ。」

丸井:「たしかにあれは沢山のデザイナーから沢山の提案をしてもらえますよね。」

ビジネスマン:「そうなんですよ。沢山もらえるのはすごくありがたいんですけど、それはそれで今度は選ぶのが大変で……。何かふるいにかけるための、選ぶ基準みたいなものがあれば教えていただけませんか?」

丸井:「わかりました。作る側はそれこそ色んなことを考えながら作るものですが、依頼者側が最低限知っておいた方が良い、良いロゴの条件を『3つ』に絞ってお伝えしましょう。」

ビジネスマン:「ぜひお願いします!」

丸井:「まず一つ目は『長く使えそうか?』です。」

ビジネスマン:「長く使えそうか?」

丸井:「言い換えるとつまり、『そのロゴはこの先何十年、できれば会社がなくなるまでの間ずっと、“美しい”と人から感じ続けてもらえそうなデザインか?』ということです。」

ビジネスマン:「美しさが必要なのはなんとなくわかりますが……。会社がなくなるまでの間そう思われ続けそうかどうか、そんなことを見定める必要があるんですか?と言うか、そもそもそれ以前に、すぐにすたれる美しさなんかあるんですか?美しいモノはずっと美しいんじゃないんですか?」

丸井:「すぐにすたれる美しさと言うのは、たとえば一時の流行モノなどが持つ美しさです。たとえばファッション業界ではシーズンごとに美の基準が変わりますが、そういう美しさのことです。『そういう美しさは絶対に避けないといけないのか?』と問われれば、別に『絶対』というわけではありませんが、私は避けたほうが良いと思っています。」

ビジネスマン:「ふーむ……。」

丸井:「さて、『会社がなくなるまでの間“美しい”と思われ続けそうかどうかを見定める必要があるのか?』とのご質問ですが、その前にまず『なぜ美しさが必要なのか?』について、念のためご説明しましょう。」

ビジネスマン:「ええお願いします。」

丸井:「質問です。あなたは今、コーヒーを飲みたいとします。同じ品質、同じ価格のコーヒーを出すお店が、同じ距離に3軒あります。1軒目は好きなお店、2軒目は嫌いなお店、3軒目は好きでも嫌いでもないお店です。あなただったら、どのお店で買いますか?」

ビジネスマン:「1軒目の好きなお店ですね。」

丸井:「そうですよね、私も好きなお店で買います。この例から言えることは、『人は好きな相手からモノを買おうとする』ということです。」

ビジネスマン:「まあそうですね。」

丸井:「ですので『相手から好かれることはビジネス上、有利である』と言えます。」

ビジネスマン:「ええたしかに。」

丸井:「では人はどういう相手を好きになるのかと言うと、条件は色々ありますが、一つは“美しい”相手です。ですので、ロゴには美しさが必要になるわけです。」

ビジネスマン:「なるほど。よくわかります。」

丸井:「では次に、なぜずっと“美しい”と思われ続ける必要があるのか?」

ビジネスマン:「そうそう、そこなんですよ、わからないのが。」

丸井:「一言で言うと、『すぐにすたれる美しさしか持たないロゴはもったいないから』です。」

ビジネスマン:「もったいない?何がですか?」

(次号に続く)

>>次号に進む