ファイルのバックアップを効率的にとる方法

ファイルのバックアップを効率的にとる方法

中小企業経営者  ファイルのバックアップは、どうすれば効率的にとれますかね?

丸井  今はどうされているんですか?

中小企業経営者  USBメモリにコピーを保存しています。これだと持ち歩けるので、外で不意に必要になった時にも対応できて、便利なんですよね。

丸井  そうですね。

中小企業経営者  でも実は、今使っているこれ(USBメモリ)の容量がいっぱいになっちゃって。次、新しく(容量が)大きいのを買おうかどうしようか、というところなんですよ。

丸井  なるほど。私のオススメの方法は……パソコンがインターネットに接続できるようでしたら、Dropbox(ドロップボックス)を使うやり方です。

中小企業経営者  Dropbox?

丸井  Dropboxとは、Wikipediaによりますと、「アメリカの Dropbox, Inc. が提供しているオンラインストレージサービス」のことです。

中小企業経営者  オンラインストレージサービス?

丸井  オンラインストレージサービスとは、Wikipediaによりますと、またの名を「クラウドストレージ」、「ファイルホスティング」とも言い、「ユーザーに貸し出したサーバーマシンのディスクスペースにファイルをアップロードすることでインターネット上でファイルを共有するサービス」のことです。

中小企業経営者  ……ええと、つまり?

丸井  つまり、Dropboxとは、デジタルデータのトランクルームみたいなものです。

中小企業経営者  ほほー、トランクルームですか。

丸井  使い方はすごく簡単で――

  1. まず、DropboxアプリをDropboxのウェブサイトからダウンロードして、パソコンにインストールします
  2. 次に、パソコン内に自動的に作られたDropboxフォルダに、バックアップをとりたいファイルを入れるだけです。

――これだけで、バックアップが完了です。

中小企業経営者  え?Dropboxフォルダにファイルを入れるだけですか?それだけでバックアップできるんですか?

丸井  はい。Dropboxフォルダに入れたファイルは、そこ、つまりパソコン内に保存されるのはもちろん、自動的にトランクルーム、つまりDropbox社のサーバーにも、同じ物がインターネット経由で同時に保存されます。

中小企業経営者  はー、自動的にバックアップがとられるんですか。それは便利ですね。どんなファイルでもいけるんですか?

丸井  はい。Excel・Word・PowerPointなどの仕事ファイルでも、PDF・JPEG・PNGなどの画像ファイルでも、その他どんなファイルでも、保存できます。ですので、とにかく何でも、バックアップをとっておきたいファイルは、Dropboxフォルダに保存さえしておけば、勝手にバックアップファイルが作られます。

中小企業経営者  すごいなー。でも、USBメモリみたいに、コンパクトに外に持ち出すことができないですよね。

丸井  ご安心ください。スマホにもDropboxアプリをインストールしておけば、大丈夫です。そうしておけば、たとえば、スマホ上でファイルを見ることもできますし、スマホから誰かにファイルを送信することもできます。メールに添付して。

中小企業経営者  ほー、それは便利ですね。

丸井  はい。私も実際、5年前からずっとこの方法でバックアップをとっていますが、今まで困った事は一度もありません。

中小企業経営者  そうかー、じゃあぼくもやってみよっかな。あ、そうだ、でもそんなに便利なんだったら高いんじゃないんですか?お金が。

丸井  容量が2GBまでなら無料です。それで足りない場合、年間12,960円(2018年1月現在)の有料プランにアップグレードすれば、1TB(1,000GB)まで容量が増やせます。ですので、一回無料プランで試してみて、良いなと思ったら使い続けたら良いですし、あんまりだなと思ったらその時点でやめたら良いと思います。アップグレードさえしなければ、一銭もかかりませんから。……て、なんかDropboxの営業マンみたいな言い方ですが、もちろん私はDropboxからお金は一銭ももらっていませんので、念のため(笑)。

中小企業経営者  はははは、ありがとうございました。

丸井  はい、どういたしまして。

 

> Dropboxのウェブサイト

 

> 次号に進む